テニスのレッスンで同級生が先に進級

28日の晩のテニスのレッスンで久々に中学の同級生と一緒になった。彼は最近初中級に進級したそうで、振替で初級を受講した。一方、こちらはここしばらく冬場参加できていない事もあり、万年初級クラスといった感じである。その上振替残も依然10以上残っている有様だ。それと彼とは久々に会ったのは昨夏辺りだろうか。

やはり冬場数ヶ月間できなくなるというのはハンディが大き過ぎる。そういった仕事が天職だと言うならともなく、他の仕事に転職したいという気持ちがあるならばそういう時期が長期化するのはきついものだ。結果的に就職活動に失敗し、いい条件での就職がほぼ望めなくなったのは痛過ぎる;;かといってパートあるいは1日8時間以下の仕事にすれば、当然ながら1ヶ月やり繰りするのもきつい程の収入でしかない。仕事の内容的にも一生勤められるものではない。

現在ウェブ系の職業訓練を受けているが、当然ながらそういった状況からの脱出をし、改めてなりたい自分に近付ける事も目標にしている。ここしばらく感じてきたが、決定的に足りないものは勉強である事は痛感している。受講者の中には前に他の初級訓練を受けて来ている者もいる。最悪の場合今回の期間が終了したら別のものも受け様かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。