最初にお世話になったコーチを改めて偲ぶ

通っているテニススクールのスタッフブログを久々に見てみたのだが、前々から気になる事があったので過去ログを調べてみた。そこで9月を見てみると、やはり私が最初にレッスンを受けお世話になったコーチが、9月の下旬に残念ながらお亡くなりになっていたのだった。その情報は10月に入った辺りで知らされたのだが、日頃からスタッフブログを見ていればもっと早く情報を手に入れた所だったろう。

昨日改めてコーチに聞いてみた所、ガンか何かという事だった。まだ50歳前であり、まさに私の亡き父親みたいな若さで亡くなられた。小学校高学年の息子さんがいらっしゃるそうだが、ご家族もこれから大変そうだ。スタッフブログでも書いてあったが、まさに惜しい人が亡くなられた。尚、11月の偲ぶ会には仕事のため参加できなかった。

数年前に私がテニススクールに通い出し、最初の入門クラスで習ったコーチが彼だった。ユーモア溢れ、よくオヤジギャクをかましているものだった。又、テニスボールをヘディングする特技も持ち合わせていた。通い出して1年半近くで初級クラスに昇格し、レギュラーでは別のコーチに習う事となった。ただ、昨年辺りからは別の曜日に振替で彼に習う事もしばしばあった。又、一昨年辺りに彼を含むスクール生数名で飲み会に参加した事もあった。

昨年7月の終わりが最後のレッスンだった。私は振替で参加したのだが、レッスンが終了する時に8月に入るとすぐ入院する事を発表したが、その時に出られなくなるかもしれないというジョーク交じりの様な事も付け加えていた。それが2ヶ月足らずで最悪の形になるなど知る由もなかった。その頃は彼のレッスンの参加人数が少ないので私にレギュラーで参加して欲しいと頼んだのだが、まだ振替が残っているので完全に消化してからと答えた。

昨秋辺りは正直実感がなかったというか、信じられないというのが本音だった。今後も改めて偲ぶ会が予定されており、是非とも参加してみたいものである。改めてご冥福を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。