リニューアルに向け地味な進化な登山サイト

現在運営している登山サイトは初代として開設したのは実に10年近く前になる。当時はまだ容量の少ない無料サーバ-で、容量不足で写真をアップするのも四苦八苦でした。その後大容量な有料サーバーを導入させたりしたのはもちろんですが、サイトの製作・構造においても然りであり、地味ながら進化をさせていっている。ただ、「進化させるのはいいが、もっと記録の方を充実せよ!」お叱りを受けかねないのですが。

この10月にトップページの最適化及び検索窓の統合を行ったが、6月からの基金訓練で更に身に付けた知識を生かしたものも取り入れている。今後は PHPに加え、データベースにMySQLを取り入れたシステムも開発中で、導入を予定している。又、これまでページファイルはHTMLでしたが、PHP化する事も検討している。

この最適化はXHTML/CSSに忠実なコーディングを行い、W3Cの規格に準拠させテーブルレイアウトだったのを廃したものとなっている。それまでのテーブルレイアウトにしたのは、数年前に現行サイトにリニューアルした当時である。それでも当時としては主要サイトに負けない様なレイアウトを目指したもので、初代サイト当時の不人気から脱却しようと意気込んでいた。

それだけに過去の未完成縦走記録が依然としてアップできなかったり、全体的なリニューアルが進んでいないのは残念な所である。更なるシステムを開発・導入するのはそのスピードを飛躍的にアップし、リニューアルをスムーズに進ませるものであると同時に、更に年数が経過してからの進化に対応させるためでもある。

加えて何度も言っているのだが、特に冬場の忙しさを解消しない限り、リニューアルは実現し得ないものだ。この状態が定年(そこまで生きていれば)までずっと続くのであれば、アップに時間のかかるオリジナルウェブサイトではなく、ブログやSNSなどに切り替えるべきなのですが。アップやリニューアルをスムーズにさせるために新たなシステムを開発している所であり、当然ながら自らのスキルアップも兼ねている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。