ひょっとしてウェブ系の職業訓練も

現在ハローワークでウェブ系の職業訓練のチラシをいくつかもらっているのだが、まず今月20日に一つ選考を受ける事となった。もしそれが受かれば来月から半年間給付金をもらいながらウェブ系の教育を受ける事となり、12月まであるためこれまでの冬の仕事を引退する事となりそうだ。今回落ちれば来月頭に別のものを選考を受けていく。

最悪の場合6月中に何とか強引にSOHOの形にでも持っていこうかという態勢で考えている。現時点でも少しずつ動いているが、状況は職業訓練選考の合否によって変わってくる。投資も合わせてやっているが、とりあえず仕事ができる事を目指している。昨年は投資一偏倒であり、今思えばより資金のある昨年こそこの様な取り組みをしなければならなかったのではないかと思えてくる。

ウェブ系の職業訓練がもっと早くからあればという感じだった。それにこれは基金訓練ではないため、失業保険をもらうかどうかに関係しないものである。昨年は家族からの圧力もあり、介護関連の訓練を受ける様に言われ選考も受けたもの、結局受からなかった。正直な所、私にとっては介護系よりもウェブ系の方が100倍以上いいと思うのだが。

もしこれでウェブ関連の会社に入るか自立するかできれば、まさに念願である。2007年冬を除き、ここ何年かは冬の登山及びスキーなどの活動はほぼストップであり、それ所かネット活動も充分にできずにいる。更にはウェブ関連などの勉強や取り組みも不十分になり、なかなか踏み出せない要因というか悪循環である。無理なら安定した仕事として冬場の様な仕事を通年でやればという事になれば、最早山にも登れなくだろうし、登山サイトも閉鎖に追い込まれるだろう。

既に数年前からしてそういう状態から抜け出したいと思ってきた。そこで2006年5月をもって一旦それまでの冬の仕事を引退し、インターネットビジネスで食べていこうとしたもの、充分な結果が出ず冬場に資金枯渇となり撃沈してしまった。情けない事に次の冬からまた同じ様な仕事に戻ってしまった。少なくとも投資というものに取り組んでいればまた違っていたでしょうし、当時の限られた時間しかない自分にとってより効果的な方法も色々検討すべきだっただろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。