USBミニ扇風機を導入

5日の夕方ヨドバシカメラでUSBミニ扇風機を購入し、6日からデスクトップに導入した。6月下旬は特に日中がとにかく暑く、うちわを使っていた。ただ、うちわを使うのでは片手が使えないので、PCで作業するのは不便である。今日はそうでもないかもしれないが、日中はかなり暑くなっている。

こちらでは扇風機などを使用する期間が良くて1・2ヶ月でしかなく、暖房器具に比べて短いものである。ましてや、エアコンなんてとんでもないものである。そのため、手元だけでも涼しくできればと思っていた。そこで導入したのがUSB電源から取るコンパクトなミニ扇風機である。

タイプとしては置き型からUSB直接接続型まである。置き型のサイズは小さめのものから結構大きなものまであるが、いずれにせよデスクトップが手狭なため、今回はUSB直接接続型でフレキシブルパイプの先に羽が付いたものにした。もっとも、置き型の小さいタイプでも置けない事はないのだが。

PCの前面USB端子に挿してフレキシブルパイプを曲げ、いい感じで手元のそばに固定できる。羽は柔らかい素材でできており、回転中に触れてもそんなに痛くない様になっている。取り外しても収納もコンパクトになっている。ただ、羽の大きさは小さめであり、今後猛暑でどれだけ使えるかである。

春前にはチェアをレーサー仕様にし、今回はUSBミニ扇風機を導入、デスクトップを快適化している。今後はモニタを液晶化しもう少し大きいサイズにするのと、ビデオデッキに代わる新時代録画機器の導入である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。