春以降PC回りを次世代マルチメディア対応に

春以降にPC回りをPCのみならず、テレビチューナーやビデオデッキ、ゲーム機も接続できる様にしようと考えている。しかも従来の規格ではなく、フルハイビジョン対応の規格で考えている。今後アップスキャンコンバーターをはじめ、ブルーレイディスクレコーダーなどの購入を考えている所である。

現在の環境は簡素なアップスキャンコンバーター(入力はPC以外ビデオ接続のみ)に90年代後半に購入したS-VHSビデオデッキといった所である。又、ビデオデッキをテレビチューナーの代わりに使っていた。しかし、ここしばらくはビデオの接続を行っていない。

ここ何年かは仕事が忙しい上、ホームページの作成・更新などで忙しく、家庭用ゲーム機すらほとんどできていない状態が続いてきた。というか2001年に初代PCを購入して以降、新規に家庭用ゲーム機やソフトを全く購入していない状態だった。だが、昨秋mixiアプリの「グラディウス」で感化され、改めて家でゲームができる環境を整備しなければという思いがよぎった。

新たに環境を整備するならば、いっその事オンラインゲームなどPCゲームの録画がまともにできる様に整備したいものだ。従来のビデオデッキでは当然ハイビジョン規格の画質での録画はできない。PCの画面は昔のテレビに比べてより高画質な規格であり、まともに録画するにはハイビジョン規格にする必要がある。

数年前ならハイビジョン規格での録画ができる機材を揃えるのは大変だっただろう。数年前にオンラインゲーム「ポトリス」が流行っていた頃に録画できれば良かったなと後悔しているものだが、機材があまりにも高く、尚且つ金欠状態だった事もあり整備できなかったのが痛い。画質を落とせば録画できなかった事はないのだが。

現在「ポトリス」の静止画は数100枚以上も持っているが、残念ながら動画は1本もない。忙しくなったってきて動画取り込み体制を整備できなかったのが痛いものだ。せめてギルド戦を録画できたらと思わずにはいられない。ポトリス動画サイトからは完全に置き去りにされてしまった。

昔夢中になったのはアーケードゲームであり、家で基板を接続してできる環境を整備したものだ。そしてそのプレイをビデオデッキに録画したものだ。今後それらをビデオキャプチャーで取り込み、動画として公開する考えもある。もちろん基板でプレイできる環境作りも整備していく予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。