08年の北ア縦走終盤の写真データを復元

2008年8月に行った北アルプス縦走の写真を調べた所、縦走終盤の写真の一部が紛失している事がわかった。データ転送を忘れたのか、あるいはゴミ箱に誤って捨ててしまったのか。そこで色々調べた所、一部のSDカードに記録されていた事がわかったため、写真データを復元する事とした。もしそれがダメならゴミ箱の過去のデータも調べなければならないでしょう。

この縦走は霞沢岳~常念岳~槍ヶ岳~黒部五郎岳~薬師岳と進み、最後は立山・剱岳へと抜けるものである。しかし、不安定なお天気が続いた事もあって日数が長引き、最後の立山・剱岳は一旦室堂から富山市内に下山してから天候の様子を見つつ装備を整え、戻って縦走を再開した。途中デジタル一眼が電池切れした上に充電器を忘れてしまったため、富山市内で格安なコンパクトデジカメを購入した。

そのテータの大部分が紛失したのですが、メディアはデジタル一眼と同じ種類のSDカードである。まだシェアウエア登録していないMagicCuteでSDカードを片っ端調べた所、当該データがサムネイル写真で表示されている事がわかった。あとは復元するだけであるが、シェアウエア登録は4000円程かかる。それでダメなら専門のデータ復元業者に頼む手もあるが、最後の手段だろう。

そのカードは2010年夏の遠征時に一度カードフォーマットして使われたが、他のSDカードに比べてあまり使われなかった感じである。そこで遠征から戻って来た1日にMagicCuteをシェアウェア登録し、当該データの復元を行った所、見事に復元する事に成功した。当面は今年の遠征記録などを優先させる事もあり、当該データの整理は時間を見て行おうと思う。

ここ数年山行・縦走記録所か写真整理すら満足にできていないのが現状であり、正直冬シーズンの一部でも充ててしまいたいものである。今後も冬場忙しい状態が継続する様ならば、まともに写真を整理し記録を作成するのは困難であり、まさに定年にならなければ手を付けられない位である。更に夏場も同様に忙しくなれば一巻の終わりである。

更に登山サイトは来春を目標にリニューアルを控えている。6月にアルバム管理を含めた最新のシステムに入れ替えたが、リニューアルまでに未完成の記録を全て仕上げるのは時間的に厳しいものである。必要最低限のもには仕上げたりリニューアルしていくが、更に2・3年かけてこの北ア縦走を含めた記録を作成させていく感じでいく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。