ザックの買い替えの目処が立つ

28日の晩秀岳荘に寄り、100リットルクラスのザックを取り扱っているかどうか確認した所、置いているとの事でした。現在使用している100リットルのザックは10数年使い続けているので痛みも激しくなり、いよいよもって買い換えを検討している所である。今年に入ってから登山靴のソールの張り替えで足を運んだICI石井スポーツでも確認したのですが、100リットルクラスのザックは基本的に取り扱っていないとの事でした。最悪取り扱っていなければ現行のザックを補修する覚悟もしていた。近いうちに本格的に買い換え様と思う。

現在使用している100リットルのザックは大学時代にICI石井スポーツで購入して以来、10数年も使い続けてきた。南アルプス全山縦走や北アルプス主脈全山縦走などの代表的な長期縦走をはじめ、数々の縦走をこなしてきた。北海道内でも大雪やニセコ・北日高の縦走をこなしてきた他、西日本でも関西の大峰山脈や四国剣山系・屋久島でもこのザックで縦走を行ってきた。それを考えれば思い出深いものとなり、新ザック購入後も退役軍人のごとく取って置こうかという考えである。

登山靴や雨具は数年前に新調したのに対し、このザックとテントは大学時代以来今日まで新調せずに使い続けてきた。経済的なものはともかく、多忙な期間が長い事も買い替えが遅れた理由である。テントも買い換えを検討している所であるが、ザック以上に高額なものだけに近いうちという訳ではないが、今後1年程度以内に買い替えを検討していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。