青山(白川市民の森)に登頂

15日はお昼頃から天気が良くなってきた事もあり、札幌市南部にある白川市民の森の奥にある青山に登って来た。近くにある八剣山の方が人気・知名度共に高いが、標高はそれより若干高く藻岩山並みである。周辺の藤野マナスルは登頂済みだが、ひそかにこの山は初である。

自宅を13時半頃出発、14:15頃登山口に到着する。駐車場には車が2・3台止まっており、そばにはトイレもある。14時半近くに出発、1・2分で道が分かれるが、右手に入る。いきなり木段のある急な登りだが、最初から急な登りであるのは八剣山も同じである。ただ、八剣山と違い石や岩がない分歩きやすく、道も広い。登って行くと幾分緩やかになり、変形十字路を直進する。道中頂上や藤野方面の景色が望めてくる。更に進んで行くと休憩舎があり、左手の道に入る。

ここからはこれまでよりは狭い登山道で尾根を緩やかにアップダウンして行く。木々の間から札幌岳も望めてくる。やがて下から続く広い道に出るが、右に進んで行く。更に進んで行くと頂上へ進む道が分かれ、右に入って行く。だが一登りしても頂上ではなく、登ってまた緩やかになってまた登るという感じである。

15時半過ぎに青山の頂上に着いた。三角点があるが、明確に「青山」と書いてある標識はない。他の分岐同様の地点を示す案内標識がある。頂上からは南側が開けており、札幌岳・空沼岳・恵庭岳が望めるが、いずれも頂上の方はまだ雪が残っている。とはいえ、南側が完全に開けている八剣山の展望には及ばない。

15:50過ぎに出発、来た道をそのままたどって行く。登山口近くの急な下りで鈴の音が聞こえ、男女2人の人影が見えた。16:40頃登山口に戻ると、その男女2人が隣の車の所にいた。家に戻る前に酵素浴、残念ながら予約で一杯であり、そのまま家に帰る事とした。近所の大型スーパーに寄ってから家に戻ったのは18時頃だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。