「ゆるい登山部」円山で花見

「ゆるい登山部」今季初の行事となる円山での花見及び登山において、今回は三陸の被災地から愛を込めて、とっておきの銘酒を参加者の皆さんにお届けしようと思った。そこで色々探してみたのだが、東区の酒店で岩手県宮古市にある酒蔵菱屋の純米酒(1升瓶)を見つけ、購入に至った(下の写真)。ラベルには「菱屋」か「千両男山」と書いてある。

「菱屋酒造店(岩手県宮古市)」

8日の9:45過ぎに出発、地下鉄で円山公園駅を目指す。大きなザックを持っていったのだが、いつものディバッグには1升瓶が入らないためである。10:20過ぎに円山公園駅で下車し、登山部のメンバーと合流する。今回幹事を務めてくれたすずさんの他、部長も健在で既に10名位は集まっていた。人数が多いので直接円山公園へ向かうグループと買出しをするグループに分かれて移動する。とりあえずは心配された雨は降っていない様である。

フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

場所取りをしていただいた先発隊と合流し、敷物を敷いていく。私も登山用のロールマットを端の方に敷く。そしてガスコンロを配置していく。しばらくして買出しグループが到着、ジンギスカンなどの食材やお酒を分けていき、宴が始まる。しばらくすると私が用意した1升瓶が登場、周っていき次々とついでいく。私自身も3杯呑んでしまった。そうしているうちにニセコのTANAさんが到着する。

13時頃より円山に登る者は準備して出発していくが、部長をはじめ数名は宴を続けている。私も遅れて出発するもの、足元がおぼつかないため止められ、残念ながら敢えなく戻る事に。おかげ様で菱屋の1升瓶は空となった。14時過ぎには登って来た方々も戻ってきて、敷物などを撤収してひとまず解散とする。

残る者は一旦神宮の方のおでん屋の奥で宴となる。外は雨が降ったりしているが、ここは問題ない。私は酔いがかなり残っているため呑まず、おでんだけ食べる。夕方に解散とし、3次会は西25丁目の方にある居酒屋で行った。ここでは主にビールや焼酎を飲んでいき、サラダなどをつまむ。最終的に21時少し前に解散とし、円山公園駅から各々解散となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。