長沼でジンギスカンと長官山と温泉を味わう

24日はゆるい登山部のイベントで長沼の長官山に登った。11時に地下鉄大谷地駅そばの東光ストアに集合、6台の車に分乗し長沼へ移動した。12時前に長沼町役場そばの駐車場に到着し、歩いて部長オススメの味川へ向かった。総勢20名余りで座卓4台を独占し、今回のメインイベント(?)であろう焼肉の宴が始まる。ジンギスカンに始まり、終いには上カルビまで登場するものとなった。1人当たり1360円となり、案内には当初2000円程度と書いてあったのと比べれば思ったよりかなり安かった。

13:30頃ようやく店を出て車で長官山登山口のある馬追温泉の方へ向かう。馬追温泉の入口に車を止め、13:50過ぎに出発する。馬追温泉への道の丁度右側を進んで行く。左手に馬追温泉旅館を見つつ登山道に入るが、途中から結構ぬかるんでいる。そして急な登りも登場し、登って行くと緩やかになり、尾根にそって行く様になる。又、時々頂上及び馬追温泉までの距離案内及び標識も現れる。

14:30過ぎに馬追丘陵最高峰である長官山の頂上に着いた。頂上には展望ヤグラがあり、登ると長沼周辺はもちろん、札幌近郊の山々も一望できるものだった。くもりの割には展望が良かったのは何よりだった。展望ヤグラの階段に雛壇よろしく集合して集合写真を撮ろうとするが、何とセルフタイマーがセットできないというトラブルが。そこで私のカメラが登場、あらかじめセルフタイマーをセットした状態で渡して三脚にセットしてもらい、撮る事ができた。

14:50過ぎに来た道を下山して行く。登山口出発前に部長の雨が心配されていたが、雨に当たる事なく15:20過ぎに駐車場に戻った。温泉とするが、すぐそこにある馬追温泉では容量オーバーになる恐れがあるので、長沼温泉に向かった。駐車場は混んでいたが、何とか全車入る事ができた。  

15:40過ぎに温泉に入っていく。露天風呂が気持ちいい所だ。16:30に休憩室に集合し、各自車で移動する。途中長沼市街にあるあいチュらんどで各自ソフトクリームなどを注文する。私はバニラのソフトクリームを味わったが、中にはハムとレタスのクレープに挑戦する者も。そして札幌方面へ各自帰途に着いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。