榛名山(掃部ヶ岳)登頂!

25日の8:30発のバスで高崎駅を出発し、榛名湖に向かう。途中のターミナルで9時過ぎから15分間待機したが、9:50頃榛名湖に着いた。10:10近くに出発、辺りはお土産やさんや飲食店などが多く、観光客も多く歩いている。湖岸の車道を進んで行くが、更に交差点を越えて湖岸沿いの道を進む。しかし、出発して30分以上経っても登山口に行き着かない。どうやら行き過ぎていた事に気付いたのだ。10:45頃引き返し始める。

ホテルの様な大きな建物の国民宿舎の右手に掃部ヶ岳登山口があり、11:10近に着いた。15名位の中高年の団体が下りて来ており、更に5名・25名・5名と下りて来た。11:20過ぎに出発、短いスロープを登って間もなく分岐だが、頂上の方へと進む。森林の中の緩い登りだが、少し急になると階段が現れる。

11:40過ぎに分岐で左に進む。12名位尾根の上で緩やかになるが、そして登りとなる。早くも小雨が降ってきた。12:15に分岐を通過すればあと少しであり、緩やかになった。途中榛名湖方面の展望が見られたが、一登りすると頂上である。

12:30近くに榛名山の最高峰掃部ヶ岳の頂上に着いた。南側の展望はあるのも、榛名湖方面は直接望めないのが残念である。男女2人組も休んでいた。丁度いい時間なので、パンを食べた。 雨は止みまた日差しが強くなってきた。距離的に湖岸から近いせいか、頂上でも車やバイク、そして遊覧船の音が聞こえる。

13:30過ぎに出発、程なく女性が登って来た。13:45に分岐を過ぎると尾根沿いを下って行く。14:10近くに分岐を過ぎるとあとは登山口目指して下って行く。男女2人が登って来た。14:30近くに登山口に戻ればあとは車道を20分ばかり歩くだけである。14:40過ぎに榛名湖バス停に着いたが、次の伊香保温泉方面へのバスは30分近くある。

15:10のバスに乗車し、約2分後ロープウェイ前で下車するが、丁度雷が鳴り出した。榛名富士へのロープウェイは雷のため運休となった。更に雨も降ってくる。次のバスまで1時間雨宿りしながら待つ羽目になった。16:15頃伊香保温泉行きのバスに乗車、他に女性2名が乗っていたが、手前の役場で下車した。

16:45頃に伊香保温泉バスターミナルで下車した。そばにある案内所で案内図をもらう。温泉街は坂が急で尚且つ距離も結構あるため、17:06に伊香保循環バスとなっているワゴン車に乗車する。普通のバスが通れない様な狭い道に坂を通り抜けて行く。17:20頃露天風呂入口で下車した。2・3分坂を登ると露天風呂の入口がある。

浴槽は2つに分かれており、それぞれ「あつめの湯」・「ぬるめの湯」と書いてあるが、「あつめ」でも草津温泉に比べれば熱くはないので入りやすい。数名のうち4名医学生っぽい若い人達が。雨がぽつぽつ降っているのがわかる。飲泉所で源泉を飲んでみたが、鉄の味がして。18:41の最終便に乗車し、18:50頃に見晴下バス停で下車したが、目の前がコインランドリーなので洗濯にかけて出る。

雨は止んでいるので歩きやすくなった。温泉街の中にあるそば屋さんに入り、田舎そば大盛を注文する。温泉を上がった後にはさっぱりしていい感じであり、そば湯もあり意外とお腹が膨れる。20時近くに戻って洗濯物を乾燥機にかける。取り出して閉まった後、20:31のバスに乗車し渋川駅に向かうが、最終便は約1時間後である。20:50頃に渋川駅に着き、次の列車までしばし待つ。21:27の高崎行きの普通列車に乗車し、21:50頃高崎に着いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。