狩場山(登山その1)(ゆる山非公式イベント)

5:15頃起き、トイレに行ったがその前からの狩場山の展望が素晴らしかった。ただ、空は雲が多くなっているのがちょっと気になるが。朝食としてパンを食べるが、いっはさんがコーヒーを、私がコーンスープを用意した。テントや炊事用具を片付け、車に積み込む。6:30過ぎに賀老高原を出発し、約15分で登山口に着いた。

7時前に登山開始、林の中の登りとなるが、時折稜線の展望があったりする。まずは一合目を通過して行き、二合目は7:30頃着き小休止する。更に登って行くと大平山が望めてくる。そして8時過ぎに四合目で数分間一息着き、後ろから来た女性を行かせる。途中道の真ん中にブドウマイマイも見られた。展望も開け、賀老高原や檜山方面の山々も雲の上から望めたりする。

一際大きな雪渓があり、下端から登山道に向かって水が流れている。9時前後に10分余り休憩するが、私はその雪渓から流れる水を汲んで飲んでみた。やはり期待を裏切らない冷たさとうまさであり、いくらか汲んだ。雪渓を登って行き、中盤からは下側を慎重にトラバースしていく。そして右端の方から登って行き、雪渓を登り切った。10時前後に数分間休憩する。

稜線へと登って行くと、岩交じりの樹林の狭い尾根となり、木がなければかなり険しそうだ。10:50近くに南狩場の頂上に着いたが、木々に囲まれていた。頂上まであと30分程度だろうか。少し下ると緩やかで、ハイマツトンネルを過ぎると稜線上の残雪を通過して行く。親子沼を通過し。右手に旧道コースを分けると頂上は目の前である。

11:20近くにようやく狩場山の頂上に着いた。周辺はガスがかかっている所が多く、あまり展望が良くないのは残念だった。又、意外と木が生い茂っているため、展望の邪魔となる。いっはさんにバナナを1本渡したが、私も食べて昼食とする。後から男性が登ってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。