狩場山(キャンプ)(ゆる山非公式イベント)

6月26日の11:30頃自宅を出発し、中央区内へいっはさんを迎えに行き、12時頃乗せた。そして小樽・赤井川を経由して行く。倶知安に入ると羊蹄山やニセコ連峰の素晴らしい景色が迎えてくれ、途中車を止めて撮影した。14:15過ぎに駅生協でジンギスカンや野菜やビール、そして翌朝のパンなど食糧を買い出す。

更にニセコ・蘭越・黒松内と進み、16時過ぎには島牧に入り、目指す狩場山の姿が見えてくる。道の駅で海産物を見てみたが良さそうなものはなかった。いけすに入った150円のうにをお互い味わった。うにの殻を割って食べるのは久々であり、量的に物足りなさはあるもの、味は素晴らしかった。

17時過ぎに賀老高原に着き、ひとまず賀老の滝を目指す。最初は遊歩道だが、整備された下りの道となり、最後は登山道の様になる。出発して20分余り、展望台から2・300m先に賀老の滝の姿が見えた。日本の滝百選にも入っており、道内でも有数の規模であるその姿は落差数10mあり、かなり太く豪快に流れ落ちている姿が圧巻だった。戻りは30分近くだった。

お互いテントを設営し、夕食とする。いっはさんのダッチオーブンを私のEPIgasとスタビライザー(三脚)で支えるコンビネーションで調理していく。ダッチオーブンの重みでジンギスカンの肉や野菜がやわらかくなっていく。肉は3人前だったが、いっはさんと2人で平らげていく。翌日に備え、21時過ぎには就寝した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。