紋別岳(ゆる山登山イベント)

自宅を8時ちょっと前に出発、地下鉄に乗って真駒内駅に向かう。真駒内駅には8:40ちょっと前に着き、近くのラルズマートを目指して歩いて行く。既に部長といっはさんが来ていた。程なく他の参加者もやってくる。開店は9時だが、すぐ前の道路が9時半から12時まで車椅子マラソン大会で塞がれるため、それまでに買い物を終えて出るか別の所で買い物をするかである。

結局時間勝負で買い物をする事にしたが、10分少々で買い物を終える事ができた。今回は部長の車に乗って行く。国道453号線を通って支笏湖に向かう。9:45幌美内でトイレ休憩をするが。紋別岳の方はガスがかかっている。風が出てガスが取れる事を祈る。10時近くに登山口に着く。

10:10近くに出発、2・3分でゲート前に着き、部長が登山者名簿に記入する。11:20過ぎにまた小休止する。子供3人ばかり連れている男性が下りて来る。左側には恵庭岳や風不死岳がうっすら望めてくる。周りの植生が笹やダケカンバとなり、高度が上がってきた事を実感できる。数名の集団が下りて来た。やがてNTTドコモの電波施設が乱立している頂上部に入ればもうすぐである。

12時近くにようやく紋別岳の頂上に着いた。辺りはあいにくガスがかかっており、うっすらと恵庭岳や支笏湖温泉方面が望めたが、樽前山がくっきり望めた昨年8月と比べると展望は今一つである。集合写真を撮ってもらい、各自証拠写真を撮ってもらった。そしてジンギスカンの宴が始まった。

13:10過ぎに出発、間もなくして時折小雨が降ったりする。本降りにならないうちに下山したい所である。が、その後雨は降らなくなり順調に下って行く。14:20過ぎに登山口の駐車場に戻り、6日の樽前山の時に行けなかったいとう温泉へ向かう。入浴料700円を払ってまずは内風呂へ、体を洗いひとまず汗を流す。一旦服を着て外に出て露天風呂へ、水面が上がって水深が深くなっていた。16時頃に解散とし、部長の車で何と家まで送ってもらった。家に着いたのは17時過ぎだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。