昨年6月以来の八剣山

23日の夕方札幌市南区にある八剣山に登って来た。昨年6月以来であり、その前は2006年に登っている。今月に入って6日に三角山を、9日にはゆる山行事で円山を登ったが、今回が今シーズン初の単独登山である。今月は3度目の登山だが、いずれも標高500m以下の低山となった。

外は晴れているので23日はどこかに登りに行こうとは思っていた。何だかんだで15時過ぎに自宅を出発、豊平川通に出て南に進んで行く。藻岩橋を通って国道230号線に出る。日曜という事もあり、車は結構詰まっている。藤野辺りから八剣山の姿が望めてきた。国道を北に外れ、八剣山トンネル手前から登山道への道に入って行く。16時近くに例年と同じ東口登山口に着いたが、最終的に車は4台となった。

16時過ぎに出発、いきなり急な登りで、登って左に折れて進んで行くと幾分緩やかになる。10分程で中央口との分岐であるが、何か標識が新しくなった様な。やや急になり、更に進むといよいよ岩尾根に取り付くが、その左カーブの外側にロープが付いていた。登って行くとやがて右側を巻いて行き、そしてまた稜線に出る。私より少し早く出発した男性が早くも下りて来た。稜線に出ればあともう少しで、西口からのルートとの分岐で年配の男女が休んでいる。一登りで頂上である。

16:50頃に頂上に着いた。頂上からは札幌岳をはじめ、札幌市街地方面や烏帽子岳が望めた。又、眼下には豊平川や国道230号線も望める。札幌岳はガスがかかっておらず、頂上まですっきり見える。昨年秋にようやく縦走で立てた事もあり、その左右にある小ピークを見て縦走当時を思い出した。それらのピークを本物の頂上だと思っていたら頂上はまだ先だったのを思い出す。

17時過ぎに出発、来た道を戻って行く。17:40過ぎに登山口に戻ったが、他の車はいなくなっていた。車の中で着替え、18時過ぎに出発。国道230号線に出ると藤野辺りから流れが悪くなってきた。それでも石山を過ぎると割りと流れが良くなってきた。豊平川通に入ると流れはそこそこで、市街中心部を目指す。石狩街道の創成トンネルを通り抜けるとやがて東区に入り、帰りに生鮮スーパーに寄ってから自宅に戻ったのは19時過ぎであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。