早ければ来春までにはプチリタイアか!?

早ければ来春冬の仕事など以外での稼ぎがコンスタントに20万円以上になり、まさにプチリタイア状態となる。それは投資の戦略が進み、より少ない投資金でより大きな利益を挙げられる様になってきた所が大きいものである。更にインターネットビジネスも少なからず成果を挙げていけば尚の事である。

例え例年の冬の仕事をしたとしても、シーズン終了時に引退宣言できる様になる。それまでの冬の仕事を40歳までに引退するという目標があり、実現すればほとんどぎりぎりか前後で達成できる事になる。 ただ、昨冬シーズンは例年以上にネットもままならない程忙しく、それだけにシーズン終了後の対策が充分でなかった所は否めないものでした。今度の冬も何かしらやるならば、必ずや最低限ネットや投資・ビジネスをやれるだけの時間は確保できる様にしなければならないと思っている。

プチリタイアというか、目標達成までの金額が年々低下してきている。それは実際のリアルな仕事での稼ぎが少なくなったというよりは、むしろ投資の方法や戦略が進んできたからに他ならない。今となっては下手すれば数10万円ラインまで下がってきており、それこそ期間工などを半年程頑張れば到達できるものである。欲を言えば100万円程度あれば言う事ないものですが。それだけに大負けをなくし、着実に利益を挙げていけるスタイルを構築していく。

数年前までは専門系に返り咲くのに、進学資金を生活費含めて500万程貯めるという壮大過ぎる目標があった。それは実験や実習が多いため、進学してからアルバイトや投資などを行わなくてもやっていける事を想定したものである。親兄弟からの援助がないだけではない所か、支えていかなければならないため、その様な大きな金額になった。資金を貯めるために関係のない仕事を何年も続けていくと、時間的にマイナスになるものであり、チャンスが着実に減っていく。もっとも、関係のない仕事であっても早く自立し、どんな職でも一生懸命頑張って自立して生きていくけるのであれば一番であるが。

しかしながら、今やそれだけの資金があれば、FXの自動売買を無理なく運用するだけでも食べていけるだけ以上の利益になるだけではなく、裁量取引を加えればとんでもない事になる。はっきり言って現在はそこまで貯めなくてもいいものであり、500万円をしっかり運用せず切り崩しするだけならバカげた様に思える様になった。下手すれば開業資金よりも大きなものであり、進学したからには確実に就職できないと損失といって言いものになる。

もっとも、そういう風になれれば敢えて就職しなくてもやっていけるのですが。 だが、かつてはそういった運用方法をするという発想がなく、単純に働いて働いてひたすら貯金し、それを切り崩していくというスタイルでしかなかった。 それこそかつては「ミ○オネアに出場して1000万円でも当てれれば」なんて考えたりしたが、それは夢物語でしかない。正直言って遅くても数年前に達成したかったものであり、10年前ならば尚の事である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。