早ければ来春通信過程へ進学か アドビの学割も

おととい辺りに資料請求していた阪神地方にある環境化学系専門学校の通信過程の資料が届いた。ここ1年ばかりになってようやくその存在を知ったものであり、是非とも学んでみたいと思った。理系特に実験系の分野はこれまで通信過程ではほとんどないものである。学科は通信過程で単位を取得していくが、実験はスクーリングで行う事になる。

これまでいくつかの専門学校を検討したり、場合によっては東京のとある専門学校の様に足を運んで実験に参加したりしてきた。だが、問題になるのは進学のための費用である。特に東京などで一人暮らしとなると学費に加えて生活費もかかるものであり、現状家族の賛成を得るのは厳しいだろう。これまでは実家から通う条件であっても、残念ながら膨大な資金に敗退した。その点通信制ならば実家に居ながらにして進学する事ができるだけではなく、学費も全日制より安めである。

ただ、この進学を成就させ、資格取得・卒業にたどり着くには、スクーリングへの参加が不可欠である。通年において忙しかったり休みが取りにくい、あるいは取れない業種であれば厳しいものがある。現状ですとウェブ関連などで自活を目指し、その合間にできればという感じで狙っている。標準的な終了年限は3年ですが、間延びさせる事も可能であり、仕事などの状況によって1年や2年延ばす事もできる。

この様な道筋が特にここ2年ばかりで見えてきたというのが何とも皮肉である。正直な所10年前に今日の様な情報収集と可能性があれば、随分と違ったものだったのではないかと思えてならない。そしてこんなに回り道し過ぎる事はなかっただろうか。当時にして目標を達成するには極端な話、大学にいた時からPC・ネット回線を手にし、更には自活できる可能性にも取り組まなければならないものだ。その点に突っ込めばまた話が長くなるので、別の機会にしておきたい。

年齢的に直接その分野へ就職するのは極めてきついものがあるが、これまで取得できなかった化学・環境系の資格取得に改めて挑戦するのと、とにかく学びたいという純粋な動機が大きいものである。更に可能性が開ければ新たなる道も開けるかもしれない。ここ10年ばかりひたすら我慢してきただけに、久々の鬱憤晴らしといく所か。

現在基金訓練中はアドビ製品などの学割が利き、約40万円もするマスターコレクションが10万円余りで買える様になるのは大きい。ひそかに近日中に学割で手に入れて申請するという手も考えているが、来月から冬の仕事に行くため、買うなら今月中である。今回ダメだったら来春にその専門学校に単科生として入って学割を利かせようという手も考えている。

もっとも、放送大学などで科目履修生になった方が安上がりではあるが、かねてよりやりたかった分野へ再挑戦するという意義は大きいものである。やはり目的を持って学びゆくのとそうでないのとは大きな違いであり、目先の学割目的であっても後々につながる所にすべきではないかという事である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。