やはり安定した仕事が望まれるのか

何だかインターネット関連とは全く別の仕事の話題を出してしまったの恐縮なのですが。そもそもこの様になるのはやはり家族からはもっとしっかりした仕事に就いてもらいたいという思われるに尽きるだろう。不安定な自営業・自由業よりは当然安心するでしょうし、大学にいた時からかなり年数が経ってしまったからいい加減に身を固めないという事で。

正直な所現状普通に就職活動をし、そのまままじめに勤めていては到底ゆとりある生活は望めないものであり、なりたい自分になるのも仕事に打ち込めば打ち込む程遠ざかる感じである。10年近く前は特に絶望的なものであり、職を転々としているうちに廃人になりかけたりもした。ホームページを趣味にし出したのはそんな最中であったが、当時はそれをビジネスにしようなどとても思えなかった。

当時でも深刻な状況であるのだから、むしろビジネスにしなければならなかったのだが。数年前にホームページ作成・運営でゆとりができる可能性を感じ、「自分もいずれはそうなりたい」と思ったものだ。一時期仕事が激忙しいにもかかわらずホームページに頑張ったのは、そうなりたい自分があったからである。

だが、現実には厳しいもので、一旦それまでの仕事を離れて取り組んでも大した結果は出ず、結局元の忙しい仕事に戻らざるを得ない状況となった。今思えば投資の方も強化しなければならなかったのだが。10年近く前よりはましとはいえ、それでも普通に勤めているだけでは家族を作るのも容易ではなく、定年後の心配もしなければならない程である事には間違いない。

インターネット投資やビジネスなど、インターネット関連の収入源の可能性に取り組むのも大切だが、前述した介護・福祉系の仕事はそれらの誘惑をほぼ断ち切った状態で打ち込まなければ厳しそうに見える。しかしながら、それに見合った収入が得られないためにインターネット収入にでも頼りたいはずなのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。