専用サーバー上でFX自動売買を再開

この度MetaTraderWebという専用サーバー上でFX取引ソフトであるMetaTraderを稼動させる事ができるシステムを運用開始した。先月下旬に申込を行ったが、証券会社(FXDD)の専用口座を開設し、そこに必要な資金を移動・追加し、正式認証されて運用する事ができる様になった。今回は追加分も含め、4000ドルからスタートする。

このシステムを用いるとVPSサーバー同様に自分のPCを常時稼動させなくても自動売買が行える様になる。又、遠征先など自宅以外でもログインする事ができ、売買の状況確認や売買システムの入れ替えも行う事ができる。もちろんだが、その中で裁量売買も行う事ができる。一般的なVPSサーバーは有料だが、専用口座で取引を続け一定以上の資金を維持する事で無料で運用する事ができる。

3月に入って一旦自動売買を中止していたが、これはMetaTraderWeb専用口座を開設し、そこへ投資金を移動させる措置であった。専用口座を申し込み、必要な投資金を準備してようやく取引再開に至った。

使用感覚はまさにVPSサーバーそのものである。ただ、通常の口座がレバレッジ200倍の所、100倍なのが気になるのだが、当面様子を見る事になる。早速だがForexOverdriveとFX孔明オートトレードシステムを稼動させた。ForexOverdriveでは早速だが10ドルの利益が挙がった。更に別の自動売買システムも稼動させる予定である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。