「異次元が四次元」になり撃沈;;

8月中旬に入って始めた異次元と呼んだFX自動売買だが、それは四次元というか変な方向に行ってしまった様だ。利益を出せる様になったと思ったら大損失を連続で出す様になり、ついには投資金の大半を失う事態となった。現在取引通貨単位をミニからマイクロに落として行っているが、新たに当資金を追加して取り組まないと満足な利益は望めない状態だ。

それは海外の無料システムなのだが、何人ものプロトレーダーを選択し、その売買シグナルに連動して自動売買が行われるものである。しかし、取引確定までに含み損が大きくなってしまい、こちらの資金が先に枯渇しそうな場合は自動で確定に至る様になっている。一般的な有料の自動売買システムに比べてこのプロトレーダーは含み損が大きめであり、かといって早めに切り過ぎてしまうとその回数が多くなり過ぎ損失が大きくなる。

結果的にこれまで取り組んできた「FXジャパンドリーム」や「ForexShocker」の方が良かったと言ってしまえばそれまでである。これらは6・7月順調に利益を上げ、月に数万円は利益が出る様になり、7月の遠征時でもほぼ継続的に利益を出してくれた。8月に入ってこれらを一旦ストップして取り組んだのだが、それが裏目に出た格好となった。

正直な所、5月の段階で自動売買を模索している所であり、当時まだ順調に利益を出せていなかったのが遅かった所だ。自動売買は1月下旬から始めたもの、途中証券会社の移転で約1ヶ月のブランクができたが、利益が出たと思ったらどんどん損失が出る様になっていた。それが一冬で利益を確実に出し続けていれば違ったものだ。

これから頑張って投資金を稼がなければならない所にきてしまった。そして秋遅くても冬には当資金を投入して自動売買を含めた取引を再開し、順次投資金を増やしていく。来春までには最低でも1ヶ月で食べていける位の利益を出せる様にし、できるなら100万円単位にしていき、セミリタイアにつなげていきたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。