過払い金請求へ まさに最後の仕上げ

4日に札幌駅近くにある法律事務所へ足を運び、過払い金請求の手続を行ってきた。利息制限法が適用される前から借り入れがあったため、過払い金が発生しているという。負債が解消されたのは2017年2月でしたが、当時についてはこちらの記事に記してある。そのうち1社目は最大借入金額が低いために2014年秋には完済していたが、もう1社目を完済するのに時間がかかっていた。

過払い金請求のCMは毎日の様にラジオで流れているのを聞いてきたが、まずは完済してからという事で、上記に記している通りの2017年2月までは着手せず完済を目指してきた。完済してからの方が手続するのに色々有利であり、着手金が不要であったり、信用情報にも傷が付かなかったりするからである。もし、完済する前で着手するとすれば、最後の手段の一つとして行う事になろう。

完済して以降もすぐには着手せず、経済的にプラスになり、更に負債状況に陥る危険性が低くなってからにした。冬シーズンは休みも少ないため、法律事務所へ足を運ぶ事も億劫になる程であり、実行するとすれば夏シーズンになる。しかし、1シーズンと経過していけば時効が迫ってくるものであり、できるだけ早く取り掛かるのに越した事はないものである。今秋で1社目が完済してから5年になる。

法律事務所をどこにするかという問題もあったが、具体的に動き始めたのはここ1ヶ月でしょうか。最終的にはラジオの番組でも弁護士が出ていた地元の法律事務所にした。それ以前はまず完済して経済状況を改善するのが優先であり、法律事務所の選定はそれからである。

今後夏~秋で手続が進み、完了した暁には過払い金が戻ってくる事であろう。ある程度の金額が戻って来れば、自力で頑張って返済してきた事に対するご褒美となろう。今夏は車検があるので、その足しになれればという感じであり、更には遠征費用や生活費の足し。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。