12月としては記録的な大雪 例年の3・4倍

今冬は12月半ばにして早くも昨年の積雪量を越えてしまい、例年の3・4倍になっているという。クリスマスの頃には更に強い寒波が到来し、とんでもない事になりそうだ。この様な状態が春まで続くとなるとぞっとするものがある。今シーズンは相当覚悟して頑張らなければならない!

早くも幹線道路に影響が出るほどの積雪であり、排雪が進んでいないのが困りものである。国道ならまだましでもそれ以外の所はもろに影響を受けている。例年ならば考えられないものだ。特に朝夕の渋滞がひどく、仕事に大きな影響が出ているのだ。回る時間も遅くなり、当然会社への戻りも遅くなる。正直な所、排雪を進めてもらいたいものである。

12月に記録的な大雪といえば11年前を思い出す。当時は今とは違う仕事で車の大きさは違っても、朝から夜まで車で回る事には変わりなかった。12月上旬にしてドカ雪が積もり、2車線の所が1車線になり、あまり車が通らない狭い道が渋滞したりと異常でした。その仕事は契約満了や失業保険給付の関係もあって1月頭に辞めたので、真冬に周る事はなかったのですが。ネットで調べてみた所、1・2月の積雪はそうでもなかった様である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。