札幌は1日にして真冬に

札幌は29日の朝までに10cmは雪が積もり、日中もかなりの積雪となった。更に夕方から晩は道路が凍結して車の流れが悪くなり、私が最後の所が終わって会社に戻るのに通常の2倍である1時間かかったのである。その状況はまさに真冬であり、それまで11月にしては暖かかったのだが1日にして真冬になった。

30日も雪が降るそうだが、12月に入ってまた気温が上がるそうである。それも最高気温が10℃近くなる日もあるそうであり、市街はかなり雪が解けそうである。当面は寒くなって雪が降ったりまた暖かくなったりの繰り返しだそうである。取引先の話で聞いた所、今冬シーズンは暖冬ではないかというそうである。しかし、秋に大雪になるのではないかという話も聞いているのだが、状況はその時になってみないとわからない様だ。

これだけ雪が降れば当然ながらこちらの仕事が忙しくなり、帰りも遅くなってくる。29日は予定ではテニスのレッスンがあるのだが、これだけ遅れれば当然休んで振替えるしかない。今冬シーズンは捨てる覚悟で頑張り、来シーズンまでにネットで自立できる様にするつもりで取り組まないと正直やる気が持たない。正直「冬が待ち遠しい」と1シーズンでも早く言いたいものである。

姉が仕事で膝を悪くしているため、除雪を手伝ってもらうのは現状無理な状況だ。まさにかつて姉が道南の看護学校に行って家にいなかった頃と状況が同然であり、年老いた母と私のみで除雪を頑張るしかないものだ。仕事に除雪にフル回転するには睡眠時間を削る覚悟でなければならない。今冬は酵素の力を最大限に利用する他はないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。