セブンイレブンオープンセールの余韻

6日にオープンした近所のセブンイレブンだが、8日の晩に再び足を運んだ。30円引きセールなどのセールは8日までであり、まさにラストチャンスである。福袋はまだいくらか残っており、時間帯もあってか店内は賑わっていた。9日以降もATMの利用などでも頻繁に足を運ぶ事になる。何より歩いてそんなにかからないのが大きい。

6日に屋外テントで販売されていた野菜や果物の残りが玄関近くで割引価格で販売されていた。大根1本90円だったのが50円に、ねぎ1本150円が100円に、そしてバナナが1房100円が80円になっていた。そのうち割引率が高い大根2本とねぎ1本を購入した。近いうちに煮物のおかずになるだろう。

更にメロンパンなどのパンもいくつか購入した。支払いはナナコで行ったが、41円足りなかったので不足分は現金で支払った。またナナコにチャージしておけば次買い物した時に使えるが、チャージは次の時にした。

セブンイレブンの利用は買い物以外ではセブンATMの利用が多いが、公共料金や年金などの支払いもしたりしている。かつてはウェブマネーの購入もあったが、セブンイレブンが取り扱いをする前は主にローソンで行ってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。