東北銘菓土産おまけ(イーグルスのクッキー)

今回の遠征では東北銘菓を色々購入した。ままどおる・萩の月・くまたぱん、そしてかもめの玉子とすべてなくなってしまった。残っているのは楽天イーグルスのクッキーで、13日にいよいよ手を付けた。それはイーグルスのキャラクターであるクラッチの顔が描かれているクッキーである。その名は勝利をわしづかみにするのと、クラッチヒッター(勝負強い打者)といういう意味を込められて名付けられた。

13日現在イーグルスは残念ながら最下位を独走している。今シーズンから監督が前広島監督のブラウン監督が就任したのだが、野村前監督が危惧していた事が現実となってしまっている。その様な監督人選になったのは、実は親会社である楽天の事情がある。国際企業を目指すべく、社内の公用語を英語にしていくというのだが、その一環という事だそうだ。

しかし、それをいきなりプロ野球球団に求めるのはちょっと無理はなかろうか。メジャーリーグではあるまいし、少なくとも入団まで野球漬けできた選手にいきなり英語でコミュニケーションを取れというのか!それに球団運営にお金をかけているとは言えず、選手の平均年俸も12球団の中で最下位に近い。正直な所、フロントは本気でチームを強くしようという気が残念ながら感じられない。野村前監督をもってして、フロントの意識を変えられなかった。

2005年の球団創設年、他球団より明らかに戦力が不足したイーグルスは100敗近い断トツの最下位に終わった。かくして田尾監督が解任され、野村監督が就任した2006年も前年よりはましになったもの、2年連続最下位となった。そして北海道に甲子園の優勝旗をもたらした駒大苫小牧高校からマー君こと田中投手が入団した。2007年は彼の活躍もあって初めて最下位を脱出し、4位へと躍進した。

以後、2009年まで最下位に終わっていない。2008年は最下位ぎりぎりの5位に終わったが、2009年は2位に躍進し、クライマックスシリーズ進出を果たした。今シーズンも3本柱は健在であり、既にマー君は10勝を挙げている。にもかかわらず、最下位を独走しているのはもどかしい感じがする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。