東北銘菓土産後半

今回の遠征で購入した東北銘菓のお土産は早くもままどおるや萩の月などがなくなり、残るはかもめの玉子といった状況となった。そのかもめの玉子も5日のお墓参りに持っていったのを皮切りに本格的に手を付ける事となった。その味わいも実に久々に味わう事となった。もっとも、ごくたまに近所の大型スーパーに入る事もあるのだが、敢えて購入してこなかった。

今回購入したのは通常より一回り小さいミニである。通常の大きさもあったといえばあったが、購入した所は岩手ではなく宮城である。やはり岩手に行けばもっとバリエーションが豊富であろう。家で食べる以外にも2箱あり、お世話になった会社などには近々持って行く。その様にしたのは前述した通りより日持ちするからである。

確かに仙台はお土産が多いが、岩手は食が豊富な事もありかなりのものである。そのうち岩手にでも行った時にまたかもめの玉子を購入し、様々なお土産を購入したいものである。それと冷麺やじゃじゃ麺などの麺類やその他フードも盛岡に行った時に味わってみたいものである。ちなみにわんこそばは過去に1度味わった事があるのだが、余裕があればまた考えてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。