テニスのレッスンの振替残0が見えてきた

現在テニスの正規のレッスンは水曜日の晩ですが、次の15日はスクールがお盆休みでレッスン自体がない。そのため、それを前後して振替を入れてブランクを少しでも少なくしようとした。そこでまず12日の午前中に振替を使って参加した。

更に18日の午前中にも振替で参加を申し込んだが、これでようやく振替残が0となる。昨冬は冬シーズンに加え、春も忙しかったため、5月に入った時点で振替は10を上回った。6月に入ってからは遠征時を除いてほぼ毎週振替を入れて参加し、下手すれば1日に2コマ連続で振替を使って参加する時もあった。

ここ数年冬場の忙しさでレッスンに参加できず振替が一気に貯まり、それを夏場に消化する状態が続いている。3・4年前は2シーズン程冬場の4ヶ月間丸々休講した事があったが、それですとそれまで残っていた振替がなくなってしまうのでもったいないものでした。できるなら10以上振替が貯まってもいいから

もし来冬例年の様な仕事をしなくてもいい状態になれば、これまで正規で1週間に1コマの所を2コマにレッスンを増やす考えもある。本気で上達を考えるならば週1回では足りないものであり、それに特定シーズンのブランクが加われば尚更である。ようやく次のステージが見えつつあり。スポーツばかりではなくネットもままならない状態からの開放を例年以上に切に願うこの頃である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。