外付けハードディスクが壊れた模様

現在使用している外付けハードディスクが数日前から認識しなくなり、アクセスができなくなりました。最初は何度か電源を入れるとハードディスクが認識しアクセスできる時がございました。そのため本体のハードディスクにデーターを移そうとしたていましたが、そうしているうちにアクセスできなくなりました。

ネットで調べてみるとどうやらハードディスクが故障している模様です。メーカーでの修理ではデーターまでは直してくれないそうです。したがって専門の業者さんに当たってみる事になります。いくつかの業者さんを調べてみましたが、安くて3万円程度だが場合によっては何10万円かかる事がわかったので、少しでも安くて信頼できそうな所を調べました。いくら大事なデーターとはいえ、パソコン購入費用の倍以上はどうかなという感じがします。そしてようやくメールで問い合わせてみました。

現在のパソコンは2001年春に購入しました。だが2003年秋頃にパソコンが不調になり、度重なる修理を行いました。その際本体のハードディスクにあるデーターを外付けハードディスクに移行したのが現在使用している外付けハードディスクです。当初OSはWindowsMeでしたが、パソコン修理と共にOSをWindowsXPにアップグレードしました。

ご覧の通り本体も今度の春で購入してから丸6年となります。現在はCDのみならずDVDで記録を読み書きする時代であり、ビデオテープに代わり録画したりできます。現行のマシンではDVDの書き込みはできません。当面はパソコン画面の録画ができる体制を作りたいですが、もう少し余裕ができたら本体も買い換えたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。