小樽市銭函で酒酔いひき逃げ運転死亡事故 海津雅英容疑者は死刑に相当する重罪

13日に小樽市銭函のおたるドリームビーチ近くの市道で、酒酔い運転のSUVが女性4人をはね、3人が死亡するという重大事故・事件が発生した。被害者の冥福を祈ると共に、加害者がいち早く断罪される事を願わずにはいられない。

当管理人が住んでいる所から近い所で、この様な悪質な重大事故・事件が発生してしまったのは大変にショッキングなものである。今更ながら事故・事件の重大さがひしひしと伝わってくるものがある。事故があった現場は路肩がない狭い車道であり、暴走してこの様な重大事故・事件を起こしてしまった。

海津雅英容疑者は12時間近く海水浴場で酒を飲んだ後、この事故・事件を犯している。酒酔い運転でしかも携帯をいじりながらですからいかに身勝手というか。しかも救護せずひき逃げしてしまったのですからこの上ないものがある。

海津雅英容疑者は最低でも危険運転致死傷罪に相当するものであり、最低でも懲役20年では全然済まないものである。ひき逃げ事件として社会に与えた影響は計り知れないものであり、殺人罪を適用して死刑にすべき相当する罪である。

ここ10年で悪質な運転による事故・事件に対して厳罰化が進んでいるが、それでも起きてしまったと感じずにはいられないものがある。

<関連記事>
「勤務後、徹夜で12時間近く飲酒 小樽4人ひき逃げ、容疑の男」(北海道新聞)
「小樽ひき逃げ3人死亡、海岸で12時間酒飲み携帯いじりながら運転 事故後も通報せずたばこ買う」(スポーツ報知)
「ビーチ近くで女性3人死亡 ひき逃げ容疑で男聴取 小樽」(朝日新聞デジタル)
小樽市銭函3丁目でひき逃げ、女性3人死亡1人重傷-海津雅英容疑者逮捕(日刊時事ニュース)

<参考リンク>
容疑者のフェイスブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。