3日の事故の反省そして今後

3日の事故はいくら自身が無傷で他車や他人に被害がなかったとはいえ、これは二度とあってはならない事には変わりありません。一歩誤れば死亡事故になっていたでしょうし、左ではなく右に寄っていれば正面衝突でより被害が大きくなり、私自身の問題では済まなくなっていた事でしょう。今回は実際免停などの行政処分を受けなかったとしても、私にとってはもう免停はおろか免取りに相当するものだと思っております。

これまで仕事を含め単独事故は数年前にございましたし、バックしてやってしまったという事もございました。いずれにせよ人身事故ではないのが救いですが。特に帰りの長距離運転はより休憩回数を増やすなど留意を払ってきましたし、仕事中でもあまりにも眠くなった時は直ちに止まって休む様にはしていました。今回も中山峠で休憩さえしていればという感じです。

マイカーを新たに購入する間というか、家の車であっても当面運転は自粛する事になるでしょう。これまでのマイカーは一部の部品が既に痛んでおり、来春の車検までに結構な修理代がかかる様な事は言われていました。仮にその時まで動いたとしても、車検にかかる各種修理費用が相当かかりそうであり、廃車は時間の問題になっている状態でした。iいずれにせよ早めに買い換える事が求められてきたのは事実です。

中古車として購入してから10年以上経過しており、前オーナーの新車購入から起算すればもう20年近くなるものでした。それだけ長い間買い換えずにいたというのは、悪く言えば経済状況が好転できなかったという事でもあります。当初は進学へのために貯金すると言えば聞こえはいいですが、実際は特にここ数年インターネットビジネスなどで自立しようとしてうまくできなかったのが大きいです。この様な形でお別れするのは心痛いですが、新たなマイカー購入に向かって取り組んでいきたいです。

今回は被害が基本的にマイカーのみで済んだからまだよしとしなければならないですが、それが仕事上特にトラック運転中ならばより大変な事になっていたのは想像に難くありません。一般貨物運送は業種にもよりますが、寝られないなど労働条件がきつく、極端な話事故か延着かどちらかという感じです。事故はもちろんですが、延着でもペナルティが大きいのです。この様な状況下では必ずや事故を起こす事は間違いないでしょう。私が運送業を拒否してきているのはそういう理由が大きく、入ってやっていくのは最早自殺行為と言えるものです。

これまで運転する仕事がメインでしたが、現在ウェブ系の職業訓練を受けている事からもわかる通り、むしろ運転する仕事からは脱却しようとしています。既に数年前からずっと考えていた事ですし、元々専門系の仕事を目指したのですから当然の流れです。運転の仕事は進学資金などを貯める一時的なものとして捉えていたものでしたが、できるなら最初からウェブ系などへ進出できる体制があれば遠回りする事もなかったと思えます。そうなると今後は以前より車に乗る回数は激減する事になるでしょう。以前より休憩回数を増やして無理のない運転を目指さなければならないと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。