浅間山(前掛山)登頂!

20日の午前中に新宿を出発し、高速バスで信州の小諸へ向かった。小諸には13:30過ぎに到着し、セブンイレブンで水物を準備する。14:25過ぎに高峰高原方面へのバスに乗車し、15:10過ぎに高峰高原ホテル前(車坂峠)で下車した。ザックを背負って出発、トーミの頭手前にあるシェルター(火山弾を防ぐ)にテントを張ってビバークした。

21日の6時前にザックを置いて出発、第1外輪山の黒斑山・蛇骨岳を越えて行く。かつて浅間山の規制が今以上に厳しかった頃、黒斑山が百名山としての浅間山の対象だった。Jバンドから外輪山から降り、浅間山荘からのルートと合流する。いよいよ第2外輪山の登りで、頑張り所である。登り切るとルートは右に折れ、第2外輪山の前掛山が迫ってくる。

10:20過ぎに前掛山の頂上に着いた。草津白根山方面の展望は素晴らしいが、西側・南側にはガスが昇ってきたのは残念だった。最高点は現在火山活動により登山禁止であり、若干標高が低いこの前掛山が百名山としての浅間山の対象である。それでも標高は2500mを超えている。昼食を食べてから出発する。

来た道を戻り、浅間山荘方面へと進む。途中右に折れ、草すべりというトームの頭方面へのきつい登り返しがある。シェルターでザックを回収すれば高峰高原へ下るのみである。バス停には15:20過ぎに着き、バスで小諸駅に戻る。そしてしなの鉄道で上田に向かい、翌日は四阿山を登りに菅平へと向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。