大雪でガス管破損危機一髪

24日に家のガス警報器が鳴り、家の人が止めたという事でしたが、何となくガスのにおいがしていた。そこで私は明日にでもすぐガス屋さんを呼びなさいと言ってお願いした。1・2月はとにかく仕事が非常に忙しく、1階の居間で寝る事が多いだけに、ガスのにおいもより感じられるものである。

25日に家の人がガス会社を呼んだ所、外にあるガス管が大雪のため破損していたという事でした。更に呼ぶのが遅れれば、ガス爆発や火災の危険もあったという事であり、本当に危機一髪でした。家のガスコンロは小型のガスボンベを台所に置いた上、復旧するまでそこからの供給に切り替わった。

そして26日に配管工事が行われ、ガス周りは完全に復旧された。配管の経路がより被害を受けない様に変更された。今シーズンは例年にない大雪に見舞われておりますが、この様な事になるとまでは想定していなかった。

とにかくガス警報器が鳴ったらすぐガス屋さんを呼ぶ事である。今回は配管以外の被害は出ず、災害につながらなくて何よりでした。今後は気を付けなければならないと肝に銘じる次第である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。