小樽の親戚のお見舞いに行く

11日の父方の親戚のおばさん(父の妹)が胆嚢の手術をしたという事で、母と小樽市内の病院にお見舞いに出かけた。当初は母が姉に頼むはずだったが、用事があるという事で前日私が運転して行く事を引き受けた。

10時過ぎに家を出発するが、今回は行き帰り共に高速を使わないで小樽へ向かう。病院は小樽運河からほど近い所にあるが、病院の駐車場を見つけるのに周囲を3周位してようやく裏側にある駐車場に入った。母は駐車場が狭いので車ではなくJRで来た方がいいと言われていたが、駅から結構歩くので車で向かう事にした。

親戚のおばさんは思ったより元気であり、あと1週間位で退院するとの事だった。胆嚢の手術は現在腹腔鏡でもできるのだが、小さい時に腹膜の手術をしたため開腹手術で行われたという事だった。

20年前に亡くなった父とは違い母はここしばらく大きな病気はしていないが、元々体が強い訳ではないので無理はさせられないものである。私自身がこれから身を立てる事を考えると、あと10年は長生きしていただきたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。