豊平峡温泉へ給油

17日に定山渓の奥にある豊平峡温泉へ灯油を給油してきました。札幌の水瓶の一つであり豊平川の奥にある豊平峡ダムの手前にございます。源泉かけ流しの温泉はもちろんですが、インド人によるインドカレーでも有名です。それを作るのにガスが必要ですし、給湯が灯油ですので灯油も必要になります。

つまりカレーが売れればガスも灯油も売れる事になります(同じくガスも行っています)。温泉本館の他にもインド人が住んでいる寮(とはいっても木造の山小屋みたいなものですが)や焼却炉のタンクにも給油しています。白石区からわざわざご苦労さんですが。

ただ私の方は残念ながらまだ入った事はございません。入浴料が1000円するのが大きいですが、入るならカレーなどのセットで行ってみたいものです。周囲の山々はまだ若干雪が残っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。