ポトリスが思う様にできないのは

先日久々にオンラインタンクバトルゲーム「ポトリス」を味わえた。そもそもポトリスを初めてからもう10年近くなる。私が初めてやった、そしてはまったオンラインゲームはポトリスである。当時はオンラインゲーム自体少なかった。その後オンラインRPGも多く出てきたが、それでも一番やったのはポトリスである事には変わらなかった。

そのやり込みは自分で言うのも難ですが、半端なく廃人に近い位だった。現在に至るまでポトリスのサイト「ポトリス博物館」を運営している位である。しかし、その割には思う様にポトリスができない状況が長く続いてきた。周りからは「もっとポトリスをやりなさいよ!」など言われかねない状況であり、不思議がられる所でもある。

確かにやり始めた頃は廃人の如く、言わばニート同然で四六時中やっていた。それが長続きせず、現実の仕事に押されてしまった。やはり「このままの自分では終われない」とか「現状を打開していずれはなりたい自分になる!」という気持ちを持ち続けたからなのだが。そのためにはまず少しでもまともな仕事に就いてお金を貯めていくしかなかった。

その後インターネットビジネスの可能性を感じ、ホームページ作成などに精を出していった。そうなるとますますポトリスをやる時間がなくなってくる。そこまでしてリアルな仕事に加えインターネットビジネスの可能性を追求するのは前述した通りの気持ちを持ち続け、頑張って自由な時間と資金を得られる様にするためである。まともに就職活動して就け得る仕事ではパートでもない限り、ポトリスをやりこむ時間を取るのもままならなくなってくるからでもある。

やる時間を犠牲にしてきたのは何もポトリスだけではない。アーケードゲームや家庭用ゲーム機のゲームなども例外ではない。アーケードゲームもやる時間を激減させたポトリスだが、今度はそのポトリスまで満足にできなくなってしまった。廃人級とは言わないでも、せめて人並みにポトリスができる様になりたいものであり、そのために今頑張っているという事を理解していただきたい次第である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。