約9年振りにアーケードゲーム基板を購入

先日ヤフオク及びインターネット通販で約9年振りにアーケードゲーム基板をいくつか購入した。これまでは何と2001年1月に購入したのが最後である。以後、4月に初代PCを購入し8月にインターネット回線が開通してからはエミュレーターに夢中になる様になったが、それ以前に自分の経済状況が厳しくなった。

更に2002年になってからPCのオンラインゲーム(ポトリス)にはまり出すと、アーケードゲーム自体やる頻度が更に少なくなった。同年秋以降特に冬場は仕事が激しく忙しくなり、アーケードゲーム自体顧みる暇もなくなっていった。ゲームセンターも同年夏を最後に通わなくなった。又、同年に最初のホームページ(初代登山サイト)を開設したが、ホームページに力を入れるにつれ仕事の忙しさも相まってますます離れていった。

私がアーケード基板を始めたのが1995年である。当時はインターネットという便利なものはなく、基板ショップの最新リストを元に電話で在庫確認・注文を行うものだった。それがインターネットが普及してくると、インターネットで在庫確認・注文も行う事ができる様になり、更にはネットショップ形式で購入できる様にもなった。

この様にネットの普及で基板購入が便利になるのと反比例して、基板を購入しなくなっていった。この辺りは中古基板の価格が90年代半ばに比べ、平均的に高額化した。タイトルによっては3000円で購入した基板が1万円で売れた事すらあった。ポトリスに夢中になった2002年前半は特に金欠状態であり、結構基板を売って金にしたものである。

現在はネットを使えば電話をかける事なく在庫確認から注文まで完結するのは実に便利であり、90年代半ば以前では考えられないものである。今回わかったが、場合によってはヤフオクですとかなり安く購入できる事があるので便利である。

現在は残念ながらできないが、近いうちにアップスキャンコンバーターを導入し、落ち着いたらコントロールボックスのリニューアルを行いプレイできる様にする。又、今回基板を復活したのは実は更なる目的があるのだが・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。