ミニノートPCを処分 ポケットWiFiも

先日ヨドバシカメラに修理に出したもの返却してもらったミニノートPCを引き取り、23日に処分した。修理をすれば7万円にもなるといい、かえって新品を購入した方が安いため、修理せずに返却してもらう事にした。ミニノートPCは余裕があれば改めて購入する考えもある。

又、ワイモバイルのポケットWiFiもそれに合わせるかの如く解約した。ミニノートPC購入の際に契約したが、2年ごとの契約であり、昨年の夏に解約しようとしたら解約手数料がかかると言われ、結局今日まで持ち越した。ミニノートPCが故障してからは使わなくなり、もったいなかった。

2014年7月に購入したもの、実質2年程度しか使用せずに終わった。タッチパネルに加えてキーボードも入力できなくなり、2017年に入って夏頃修理に出したもの、仕事が忙しくなかなか足を運べなかった。2014年8月には縦走登山を含む遠征に行ったが、早速液晶の一部が割れてしまい、その周辺のタッチパネルの操作ができなくなった。縦走中にザックを下した衝撃もあったのか。

ミニノートPCの導入は悪く言えばスマホ化の遅れにつながった。パズドラやモンストといったスマホゲームが人気を博し、スマホが普及しつつある頃でした。元々縦走登山に持ち込める程小さいノートPCを導入し、山行記録の制作の効率を高めるもくろみがあったのですが。

これまでのミニノートPC自体1.2kg程度の重量であり、テントの重量とあまり変わらない位である。できるならもっと軽いものにしたい所であり、理想はMicrosoftのSurfaceProシリーズなのですが、下手すればデスクトップPCより高価になる。現在はスマートフォンやタブレットがあるのでそれで代用し、文字入力をBluetoothキーボードで行う方法でやっていく方向である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。