NASAのカニ型探査車 多足型歩行戦車の様

16日の朝日新聞の夕刊を見ていてふととある記事の写真を見て思い出した。そこにはNASAのカニ型探査車の写真が掲載されているのですが、オンラインゲーム「ポトリス」に登場する多足型光弾戦車「セコウインド」の足に似ているのである。むしろカニというよりはタコの様に見えるのですが。

セコウインドは6本の足を持ち、その上に砲塔が付き丸い光弾を発射する未来タイプの戦車である。その姿から「タコ」と呼ばれており、韓国でも「ムノタン(タコタンク)」と呼ばれている。その「未来兵器」の足回りにそっくりであり、将来的には未来兵器開発につながっているのだろうか。少なくとも同じ未来タイプのホバリングする戦車より現実的な感じがするのですが。

記事のカニ型探査車の足はセコウインド同様6本であり、足先にはキャスター状の車輪が付いている点も同様である。記事では砂漠で訓練を行っているのだが、実際は月面の悪路でも行動できる様にするとの事である。更に火星や小惑星上でも行動する事を想定しているそうである。

「カニ型探査車、砂漠で修行中 NASAが模擬探査公開(asahi.com)」

「セコウインド(ポトリス博物館)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。