FX自動売買システムを設定し直してついに再開

冬シーズンは仕事が忙しく、なかなか投資活動FX自動売買の設定もままならなかったですが、2日~3日にかけて休止していたFX自動売買システムをVPSサーバーにアクセスできる様にし、自動売買を再開できる様にした。冬~春に手を掛けてはいたもの、VPSサーバーにアクセスできない問題が発生し、解決できないでいた。改めてネットで調べた所、ローカルPCとVPSとでアップデートの差があると不具合が生じるとの事でした。

原因がVPSサーバー側のアップデートが最新でない事による事がわかり、改めて作業を行った。使えるねっとのコンソールを起動し、ブラウザ上でVPSサーバーにアクセスしてアップデートを行った。ようやくVPSサーバーにアクセスできる事を確認し、新たな自動売買システムの設定を行って自動売買を再開した。早速利益が出ている事がわかり、当面様子を見る。

自動売買システムを動かすVPSサーバーは2018年2月下旬に2年契約で申し込んでおり、程なく設定を行ってFX自動売買を約2週間行ったもの、結構値が張る自動売買システムを入れたにもかかわらず成績が良くなく、損失が全資産の5%いって大きくならないうちに手を引いた。改めて新たなシステムで行うために別の証券会社を登録しようとするが手間取り、秋には口座開設を完了したもの、冬場の仕事が始まってからは手付かずとなった。

再開まで1年余り経過しており、VPSサーバーが2年契約で7万円余りするので、最低でもその分は元を取るつもりで行く。今回が事実上本格的な再開と言えるものであり、2013年7月に資金の枯渇で停止してからですと約6年振りとなる。当時とは違い、借入ゼロで全て自己資金のみ投入している。ただ、経済的にプラスになるまで妥協せず投資活動を一切停止してきており、ここまで経済的に持ち直すのに随分とかかったものである。今後は冬シーズンをも通して投資を軌道に乗せるのが急務である。

「老後2,000万円問題が」出てきているが、正直な所仕事勤めのみでそれだけ貯めるのは困難なのが現状である。副業の1つとして投資活動に取り組み、仕事と合わせて投資を軌道に乗せる事がかつてない程に重要になってきている。それだけに大きな失敗はもう許されないものであり、数年前と同じ事をしろと言われれば健康的にきついものがある。最低でも借り入れを行って投資をするのは絶対にやめる事である。

<参考記事>
「[Windows] リモートデスクトップの認証エラーの対処方法」(Web備忘録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。