オンラインゲームをなぜ基本無課金でやるのか

当管理人はオンラインゲームやスマホゲーム(かつてであれば携帯ゲーム)での課金を基本無課金悪くても微課金にしている。先日「リネージュ2レボリューション」でレベル180を達成したが、ここまで無課金できた。一方で、このゲームのトッププレイヤーは少なくとも1.000万円以上課金してきており(下記参照記事を参照)、戦闘力は同じレベルであれば数倍程度の開きになる。敢えて課金しないのは強くなるあるいは装備を充実させるのに少し位課金した程度では焼け石に水という感じであるのと、他のゲームや趣味、生活備品の整備、更に将来目指したいものの資金に充てるからである。正直少し位の課金からエスカレートしていくのが怖いのであり、これ以上人生の進展を遅らせたくないのが本音である。

当管理人が初めてのオンラインゲーム(「ポトリス」)を始めたのは2002年ですが、当時は完全無料であった。今考えればこの年は最もオンラインゲームにはまり、一時はやり込みが廃人レベルであった。強くなるにはとにかくやり込んで技術や知識を磨いて経験を積む事であり、課金して強くなれる要素はなかったのが今思えば良かったのか。ゲームをやる以外にもイベントに参加したりオフ会で交流したりと、まさに無料時代を謳歌したのでした。同年の暮れにようやく有料化し、月額500円となったが、仕事に復帰した事もあって一時休止した。結局2002年は他の手を付けたオンラインゲームも含め、課金額はゼロであった。

ここまで仕事の多忙で一時離れていたが翌年2月に復帰、これが初めての課金となった。月額制のみでアイテム課金はないので、年額にしても数1,000円で済むものである。これまでの恩恵を考えると、むしろある程度お金を払ってもいい位でしたから。有料サービスとしては2004年春のサービス先移管(移管後は月額300円)準備の約3ヶ月の空白期間を除き、2007年11月まで続いた(同年12月にサービス終了)。その間、一時中断した事はあったが少なくとも計4年以上は課金してきたと思う。他の基本有料ゲームや課金アイテムには手を付けなかった事もあり、その程度の課金額では微課金と言えるでしょう。

2000年代半ば以降、オンラインゲームは基本無料・アイテム課金制がメインとなってくるが、MMORPGなどは仕事などで忙しい事もあってほとんど手を付けられなかった。一方、携帯電話の方はパケット定額制がようやく導入された事もあり、むしろ携帯ゲームの方にお金をかけていたのではないかと思える。それでも高くても月額にすれば数1,000円行く程度であり、間違っても月に数万かそれ以上行く事はなかった。

2010年辺りから、ソーシャルゲームなどでガチャによる高額課金が問題視されてきた。当管理人はスマートフォンに切り替えるのが遅く、昨夏になってようやくでしたが、この問題はいわゆるガラケーのゲームの頃からである。前述したのと同様、お金や時間をかけなければならないゲームは同様にほとんど手を付けられなかった。

無料時代を謳歌しその後も微課金で楽しんてきた事が大きく、オンラインゲームに高額なお金をかけるのはばかばかしいと思えるものがあり、「そこまでお金をかけなければ恩恵が得られないのか」と感じられるものがある。ならば家庭用ゲーム機及びそのソフトやアーケードゲームの基板に回したり、あるいは登山や旅行などの他の趣味や生活に必要な備品にお金を回した方が有意義になるでしょう。

仮に高額課金して自分のアカウントが「資産」になれるのであれば別なのかもしれませんが、実際はリアルマネートレード(RMT)が規約で禁止されているでしょうし、資産を形成する以上のコストになるでしょう。それにゲームによってはサービス終了するものもあり(当管理人が昨年ダウンロードしたスマホゲームでもある)、そうなれば当然「資産価値」はゼロになるので注意である。そこが従来のオンラインでない家庭用ゲーム機やそのソフトにはない問題点である。あくまでも、遊びで注ぎ込んでいい金額を注ぎ込むのがベストでしょう。

オンラインゲームを始めた当時は金欠だった事もあり、結局手を付けたのは基本無料のものばかりでした。廃人にはなれても経済的に廃課金者には絶対なれないものであり、廃課金できる経済力を得るためには、借金しないなら逆にゲームをする時間を惜しんで働き続けなければならないものでした。それだけに廃課金できる余裕がある者がいい身分に見えてくるが、余程経済力がなければ人生破綻まっしぐらであり、今となっては廃課金者への道に進めなくて良かったと感じられるものがある。更にわかった事は、オンラインゲームの廃課金によって作った借金は、パチンコなどのギャンブルなどと同様自己破産が認められない可能性が高いという危険性があるという事である。

<参照記事>
「廃課金者の世界を垣間見た── 『リネージュ2 レボリューション』国内最強プレイヤーのギルガメッシュ氏&Ryuichi氏インタビュー」(ファミ通App)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。